まずは作品を知ってもらうためのアレコレ【自分の作品をアピール】

フリーランスで稼ぐ!イラストレーターの心得

フリーランスで稼ぐ!イラストレーターの心得

自分の作品をアピール

自分の作品をアピール フリーランスとして仕事をとるためには、自分の作品を知ってもらうことがとても重要です。現代のインターネット社会では、誰でも簡単に情報を発信できるようになっています。SNSやブログはもちろん、個人でWebサイトを持つことも当たり前になっています。描くことも営業も事務作業も全てひとりでこなさなければならないフリーランスは、特にインターネットを上手にフル活用して、効率よく発信しましょう。

ポートフォリオサイトで差をつける

出版社や広告代理店に売り込む際にも使うポートフォリオサイト。ポートフォリオとは自分の履歴書並みの作品集で、作品を文章と画像で紹介するカタログのようなものです。繰り返しますが、個人がWebサイトを持つのが当たり前の時代、数多のイラストレーターがポートフォリオサイトを開設し、自分の作品をアピールしています。そんな中、ただイラストを掲載しただけの特徴のないサイトを開設したのでは、差別化ができません。イラストの作風、イメージに合うサイトであること、作品はもちろん自分自身のプロフィールなどもしっかりと書かれていること、掲載されているイラストを少しでも多く見てもらえるようなつくりにすることなど、ポートフォリオサイトはこだわって、しっかりとしたものを作りましょう。ポートフォリオは拡散のために、SNSとの連携やSNSボタンなども活用する工夫を。
作品として、実績を掲載する場合は、後々のトラブルを避けるためにも必ずクライアントの許可をとりましょう。

SNSや作品公開用サイトを活用する

Facebookの他にも、InstagramやPinterestなど、画像専門のSNSを活用して自分の作品をどんどん発信しましょう。発信してすぐに多くの人が見てくれるわけではありません。あきらめず、地道に発信し続けることが重要です。こうしたSNSはほとんどが無料で、Webサイトやブログに比較すると海外への発信もしやすいというメリットがあります。また、作品公開用のサービスなども探せば結構ありますので、そういうサイトを活用するのも良いでしょう。ただし、いずれの場合も、クレジットを入れるなどの基本的な著作権対策はきちんとすること。

イベントに積極的に参加する

交流会や展示会などのイベントには積極的に参加しましょう。イラストレーター、広告関連、出版関連、デザイン関連など、同業者および関係業界の集まるコミュニティに参加し、常に情報収集するようにしておきましょう。フリーランスには横のつながりも大切です。

おすすめ記事ピックアップ

フリーランスになった人のきっかけ フリーランスになった人のきっかけ フリーランスイラストレーターになりたいけど、なんとなくタイミングがつかめなかったり、一歩が踏み出せなかったり。実際にフリーランスイラストレーターとして仕事をしている人たちは、どんなきっかけで独立したのでしょうか?何か特別なきっかけがあったのか、気になりますよね。「フリーランスイラストレーターになったきっかけ」についてのアンケートを紹介します。イラストレーターという職種ならではの結果に!? フリーランスになった人のきっかけの詳細を見る

クラウドソーシングで仕事を探す クラウドソーシングで仕事を探す インターネットさえあれば、いつでもどこでも気軽に仕事をゲットすることができる便利なサービス「クラウドソーシング」。フリーランスはこれを活用しない手はありません!クラウドソーシングの活用方法を紹介します。ネット社会とはたらき方が多様化しつつある現代は、数年前よりもフリーランスがはたらきやすい環境が整ってきています。便利なものは積極的に活用しましょう。 クラウドソーシングで仕事を探すの詳細を見る

作品の価格設定に気をつける 作品の価格設定に気をつける フリーランスになった当初、仕事をとりたい一心で陥りがちな失敗が、作品の価格設定のこと。ギャランティの相場はクライアントによっても違うし、媒体によっても違います。インターネットで検索したり、イラストレーター仲間と情報交換をして、おおよその相場感覚を掴んでおくことも大切です。その上で、「この作業には最低これだけは必要」という自分なりの最低価格を設定しておきましょう。後で頭を抱えないために・・・ 作品の価格設定に気をつけるの詳細を見る

フリーランスで稼ぐ!イラストレーターの心得

Copyright © 2014 フリーランスで稼ぐ!イラストレーターの心得 All Rights Reserved.