フリーランスの常識【確定申告のキホン】

フリーランスで稼ぐ!イラストレーターの心得

フリーランスで稼ぐ!イラストレーターの心得

確定申告のキホン

確定申告のキホン 確定申告もフリーランスが最初にぶつかる壁。会社員であれば、源泉徴収と年末調整を会社がしてくれるので所得税について意識することはあまりありません。事業所得を申告することもありません。ところがフリーランスともなればそうはいきません。所得の確定も、申告も、所得税の支払いも、全て自分で処理することになります。

確定申告って何?

確定申告とは、所得税額を確定するために、毎年1月~2月に前年度の1月~12月の年間事業所得を算出して申告書を作成し、管轄税務署に届け出る作業のこと。この申告をもとに所得税額が決められ、5月頃に納付書が送られてきます。その納付書をもって所得税を支払います。確定申告時期は税務署が混雑します。

所得って売り上げのこと?

売上から経費をひいたものを所得といいます。売上の合計ではありません。年間の売上合計額から、客先へむかった交通費やコピー用紙などの事務用品いは、打ち合わせ飲食代などを集計した経費を差し引きます。仕事以外に使ったお金は経費にはなりません。確定申告書には領収書は添付しませんが、証拠書類として保存しておかなければなりません。経費を使ったら必ず領収証をもらいましょう。税務調査などが入った場合、経費として申告したものの領収書は全てチェックされます。その際、領収書がないものや、明らかに業務外のものは、経費として認められず、税金を追徴されます。悪質な場合は脱税になりますので、きちんと申告しましょう。

フリーランスにも源泉徴収があります

源泉徴収とは受注側の税金を見込みで徴収し、納税する仕組みで、年末の確定申告によって納めすぎた分は戻ってきます。フリーランスの場合、請求書からクライアントが源泉徴収をした金額が振り込まれます。ただ、現実には源泉徴収をして振り込む取引先と源泉徴収をしない取引先があり、まちまちです。源泉徴収された分はクライアントからできるだけ源泉徴収票をもらうようにすると申告書の作成が楽になります。源泉徴収された分の申告を忘れると2重に納税することになってしまうので注意が必要です。

青色申告と白色申告。どっちがお得?

確定申告には、「青色申告」と「白色申告」の2種類があり、自分で選ぶことができます。青色申告は、特別控除65万円が損金として認められます。その代わり複式簿記による帳簿付けと保管義務があります。白色申告の場合、65万円は認められないかわりに、帳簿は簡易帳簿で良いというメリットがありました。しかし、2014年の所得分から白色申告者も青色と同様に帳簿付けと保管が義務化されたため、フリーランスにとって白色申告を選ぶメリットがなくなってしまいました。青色申告を希望する場合は、毎年3月15日までに税務署へ申請し、承認を得る必要があります。

おすすめ記事ピックアップ

フリーランスになった人のきっかけ フリーランスになった人のきっかけ フリーランスイラストレーターになりたいけど、なんとなくタイミングがつかめなかったり、一歩が踏み出せなかったり。実際にフリーランスイラストレーターとして仕事をしている人たちは、どんなきっかけで独立したのでしょうか?何か特別なきっかけがあったのか、気になりますよね。「フリーランスイラストレーターになったきっかけ」についてのアンケートを紹介します。イラストレーターという職種ならではの結果に!? フリーランスになった人のきっかけの詳細を見る

クラウドソーシングで仕事を探す クラウドソーシングで仕事を探す インターネットさえあれば、いつでもどこでも気軽に仕事をゲットすることができる便利なサービス「クラウドソーシング」。フリーランスはこれを活用しない手はありません!クラウドソーシングの活用方法を紹介します。ネット社会とはたらき方が多様化しつつある現代は、数年前よりもフリーランスがはたらきやすい環境が整ってきています。便利なものは積極的に活用しましょう。 クラウドソーシングで仕事を探すの詳細を見る

作品の価格設定に気をつける 作品の価格設定に気をつける フリーランスになった当初、仕事をとりたい一心で陥りがちな失敗が、作品の価格設定のこと。ギャランティの相場はクライアントによっても違うし、媒体によっても違います。インターネットで検索したり、イラストレーター仲間と情報交換をして、おおよその相場感覚を掴んでおくことも大切です。その上で、「この作業には最低これだけは必要」という自分なりの最低価格を設定しておきましょう。後で頭を抱えないために・・・ 作品の価格設定に気をつけるの詳細を見る

フリーランスで稼ぐ!イラストレーターの心得

Copyright © 2014 フリーランスで稼ぐ!イラストレーターの心得 All Rights Reserved.